オルリスタット安全性とダイエットにさつまいもと紅茶

オルリスタットという薬は抗肥満薬として、アメリカでは医薬品として認可されているダイエットの薬です。オルリスタットは食欲を抑える働きをするのではなく、脂肪を体外に排出しようとする働きをします。その結果として30%もの脂肪分をカットすることができ、それがダイエットに繋がる薬です。日本においては現在のところ認可がおりておらず、手に入れるためには海外から個人輸入するしかありません。やせる薬というのは夢のような薬に思えますが、しかし副作用も報告されています。米国FDAによりますとオルリスタットの服用によって肝障害が生じたという例がいくつか報告されています。また、病気の種類によっては服用が不適切な場合もあります。薬に頼らなくても、様々な食品を効果的に用いることによって、ダイエットを成功させることができます。例えば、紅茶を使ってダイエットに成功した例は少なくありません。紅茶にはダイエットを成功させるいくつかの要因があります。紅茶の中に含まれているカフェインが脂肪を燃焼させる働きをします。また紅茶の中にはポリフェノールも含まれていますが、これは脂肪吸収を抑制する働きをします。このために紅茶はダイエットをする上で効果的な食品といえます。もし紅茶を飲んでダイエットするならば運動と組み合わせることによって、その効果をより大きくすることができます。さつまいももダイエット効果があります。さつまいも成功することができた人は大勢います。サツマイモは思ったよりもカロリーが低く、そしてサツマイモの中に含まれているクロロゲン酸という物質が脂肪の吸収を抑える働きをします。そのためにさつまいも成功すると考えられています。オルリスタットといった薬を使わなくても、安全な食品、例えば紅茶でダイエットしたり、さつまいも成功することができます。