インスタグラムでフォロワーが増えない!その理由とは?フォロワーアップの方法も解説

フォロワー増えない

いろいろ試しているけど、なかなか増えない・・・。

フォロワー数の伸び悩みに困っている人は多いのではないでしょうか。

きちんとアカウントを運用していけば、徐々にフォロワーは増えていくもの。それでも増えていかないということは、運用のやり方そのものに問題があるのかもしれません。

今回は、インスタグラムでフォロワーが増えていかない理由と、フォロワーアップの方法をご紹介します。

インスタグラムでフォロワーが増えない理由とその対策

それなりにアカウントを運用しているのに、なかなかフォロワーが増えない場合は、以下のような問題があるのかもしれません。思い当たるポイントがある人はぜひ見直しましょう。

  • 投稿内容がばらついている
  • ハッシュタグをうまく活用できていない
  • 写真の質が低い
  • 一切アクションをしていない
  • フォロー数が多い

ひとつずつ説明します。

投稿内容がばらついている

投稿内容がばらついていると、なかなかフォロワーを増やしていくことができません。なぜなら、世界観が曖昧になり、ターゲットに刺さりづらいアカウントになるからです。

もともと知名度が高い芸能人であれば、このような投稿でもフォロワーは増えていくでしょう。しかし一般人の場合はターゲットを絞り、そのターゲットに刺さる投稿を続けていくことが重要になるのです。

この問題の対策
投稿のテーマがばらつくのは、ターゲットをしっかり決められていないことが大きな原因。投稿内容が絞れていない人は、あらためてターゲットを決めるところからはじめましょう。ターゲットを決めるときは、「誰に対して伝えたいのか」「誰にとって有意義な情報を提供できるか」を考えれば、定めるべきユーザー像が見えやすくなります。

ハッシュタグをうまく活用できていない

フォロワーを増やすためには、まずあなたのアカウントを知ってもらわなければなりません。ハッシュタグは、その方法として有効に活用できるものです。

しかしこのハッシュタグをうまく活用できないことで、ユーザーにアカウントを認知されず、思うようにフォロワーが伸びていかないケースも少なくありません。ハッシュタグの使い方のコツを覚えておきましょう。

この問題の対策
まずハッシュタグは投稿内容と関連性が高いものを設定しましょう。そうすることで、投稿の内容と近い情報を求めているユーザーからアカウントを見つけてもらいやすくなるためです。

投稿の内容とユーザー属性の関連性が高ければ高いほど、フォローしてもらえる可能性も上がります。なのでハッシュタグは投稿内容と関連性が高いものを選びましょう。

なお、ハッシュタグの選び方は、一度ハッシュタグ検索で希望のハッシュタグを検索します。その後、「タグ」の項目に表示されるいくつものハッシュタグのなかから、投稿内容と関連性が高く、投稿数が1万以上、10万以上、100万以上のハッシュタグをそれぞれ10個ずつ選びます。

あとは合計30個のハッシュタグを投稿に設定して、共有すれば完了です。

より効果的なハッシュタグを選ぶコツ

30個のなかから効果的なハッシュタグを見極めたいときは、

①まず30個のハッシュタグをひとつずつハッシュタグ検索
②「トップ」の上位(3~5スクロール以内)に表示されるハッシュタグを確認
③そのハッシュタグを投稿につけていく(上位に表示されないハッシュタグは外す)

ハッシュタグ検索で上位に表示されるハッシュタグがわかれば、より効率的にユーザーにアカウントを認知してもらうことができます。ハッシュタグの活用方法として覚えておきましょう。

写真の質が低い

インスタグラムはビジュアルメインのSNSです。ビジュアルで注意を引きつけられなければ当然、ユーザーからフォローされることもありません。フォロワーがなかなか増えない人は一度、写真の質を見直してみましょう。

この問題の対策
写真を撮るときはまずアングルを考えましょう。

一般的には「真上」「真横」「本人目線」の3つのタイプがあります。この3つのアングルのなかから、被写体の魅力をより引き出せるタイプを選びましょう。

ちなみに、アングルはひとつに絞らず、被写体やビジュアルによって柔軟に変えてもOKです。

アングルを選んだら次は構図を決めます。構図には素直に被写体を真ん中に置くタイプ、真ん中から少しずらしたタイプなど、さまざまなものがあります。

アカウントの世界観に合わせつつ、アングルのときと同じように、被写体の魅力を引き出せる構図を選びましょう。

あとは明度や彩度などを調整したあとに投稿しましょう。必要に応じてテキストも入れるなど、加工も施し写真の質を高めれば、ビジュアルで注意を引きつけることができます。

一切アクションをしない

こちらからのアクションを一切しないこともフォロワーがなかなか増えないことにつながります。理由は単純です。アクションをしないということは、それだけあなたのアカウントを認知してもらえるチャンスが減ってしまうからです。

いくら魅力的な世界観を構築できていても、素晴らしいお役立ち情報を提供できていても、知ってもらえなければ意味がありません。もちろん、魅力的な世界観が構築されたアカウントでターゲットに刺さる投稿をしていれば、既存のフォロワーによるシェアを見込めます。

しかし基本的に、既存のフォロワーによるシェアは狙ってできるものではありません。なので、こちらからアクションを起こし、自分自身の存在を伝えることが認知度アップ、ひいてはフォロワーアップにつながります。

さきほどのハッシュタグの活用による認知度アップがプルだとすると、アクションによる認知度アップはプッシュといえます。

この問題の対策
この問題の対策は非常にシンプルで、単純にこちらからアクションをしましょう。いいねやフォローといったアクションをすることで、そのユーザーにあなたのアカウントを知ってもらえるきっかけになります。
注意
ただし、アクションには注意点もあります。まず挙げられるのが「アクションブロック」です。Instagramでは、アクションの頻度が高いアカウントに対して、いいねやフォロー、投稿などの操作を一時的に凍結させる対応がおこなわれます。このことをアクションブロックといいます。

どれくらいアクションをすると、アカウントが凍結されるかは明確にわかっていません。ですが、だいたい40アクションを超えると、アクションブロックの対象になると考えられています。よってアクションをするときは、1日に40回以内に抑えることをおすすめします。

また、もうひとつ「やみくもにアクションをしない」ことも注意点として挙げられます。単純にフォロワーを増やしたいなら無造作にいいねやフォローしても問題ありません。商品販売や集客などの目的を成功させる必要がないためです。

しかしインスタグラムで商品販売や集客などの目的を成功させたいなら、「集めたいユーザー=ターゲット」のアカウントに対してアクションすることがすすめられます。そうしたユーザーに興味・関心を寄せてもらえれば、ゆくゆく目的を達成しやすくなるためです。

アクションをするときは、上記2つのポイントを参考にしてみてください。

フォロー数が多くなった場合は?

アクションを続けていると、必ずフォロー数が多くなります。

フォロー数が多いアカウントは、アクションしたことであなたのアカウントを見にきたユーザーに「フォローバックを狙ったアクションなんだ・・・」と思わせる原因に。結果、アクションしても、なかなかフォロワーが増えていかないことにつながります。

アクションを続けていき、ある程度フォロワーが増えたら、徐々に不要なフォローを外していきましょう。ユーザーの反応(フォローしてくれるかどうか)を見ながら、フォロー数を減らしていくことがコツです。

まとめ

フォロワーが増えない原因は基本的にアカウントにあります。クオリティの低いアカウントでは、いつまで経ってもフォロワーを増やしていくことができません。

フォロワーを増やしたい人はまず、アカウントの完成度を高めることを意識しながら、インスタグラムの運用に取り組んでいきましょう。