オルリスタットで脂肪を撃退する仕組み

オルリスタットとは肥満治療薬のひとつで、アメリカの米国食品医薬品局に認可された処方薬です。
商品名でゼニカルといい、脂肪分解酵素リパーゼの働きを抑えて食事に含まれる脂肪分の吸収を抑制します。
食事を人が摂ると、その中に含まれる脂肪分を分解するためにリパーゼという酵素が分泌されます。
リパーゼにより分解された脂肪分は脂肪酸やモノグリセリドという物質に分解されて腸管で吸収されるのです。
オルリスタットはこのリパーゼの活性セリン残基と共有結合を形成することによってリパーゼを不活性化します。
そのためリパーゼは脂肪分を加水分解できなくなり吸収されない形のまま排泄されるのです。
この作用によってオルリスタットは摂取カロリーをおさえるのです。

オルリスタットは食べたい物を我慢せずにダイエットが出来るという仕組みなのです。
我慢しなのでリバウンドしにくいと言われています。

オルリスタットでの治療は通常2週間以内に減量がはじまり、6か月から12カ月間減量し続けます。
その後は再び体重が増加するのを防ぎます。
深刻な肥満を長期的に治していくのにとても有効な薬で、高血圧・高コレステロール・高血糖などの危険因子を改善できます。
減量幅が少ない場合でも、特に心臓や血管の病気・糖尿病の危険性のある場合は、健康上おおきな利益を生み出します。

高血圧・高血糖・高コレステロールなどの危険因子の改善効果は、通常治療開始後1ヶ月で認められ服用中はその効果を維持します。

オルリスタットはこのように脂肪分の吸収を抑えていくわけですが、脂溶性ビタミンであるビタミンAやビタミンEの吸収も抑えてしまいます。
そのため、オルリスタット服用の前後2時間をはずしてサプリメント等で補給する必要があります。
また多くの脂肪が排泄されるため、脂肪が肛門から漏れ出たり、便意がコントロールできなくなるという副作用があります。

▼食事制限しないでダイエットする方法
売れ筋No.1肥満薬「ゼニカル」はこちら
▼高すぎる血糖値にはこれで対策
アカルボース
▼ビーファットはゼニカルのジェネリック医薬品
ビーファット