個人が仕事でインスタグラムを活用する方法を解説!

活用個人

インスタグラムが日常に浸透し、活用の幅が広がっている今。個人が仕事でインスタグラムを取り入れることも多くなりました。

しかしその一方で、

  • そもそもインスタグラムは何に活用できるの?
  • 上手に活用するためには何からはじめればいいの?

という疑問を感じている人も増えています。

今回は、そんな人に向けて、インスタグラムで何ができるのか、うまく活用するためには何をすればいいのか、ということをご紹介。

仕事でインスタグラムを活用できないか考えている人は、ぜひチェックしてください。

インスタグラムは何で活用できる?

インスタグラムは以下のような目的で活用することができます。

  • 商品販売
  • 実店舗・ECサイトへの集客
  • ブランディング

現在、インスタグラムにはアプリ内からユーザーをスムーズにECサイトに誘導できるショップナウ機能が実装されています。この機能を利用すれば、ユーザーの購買までの手間が軽減されるため、インスタグラムでの商品販売を促すことができます。

また、検索のプラットフォームとしても使われているインスタグラムでは、サービスの魅力を発信することで実店舗への集客。誰かにとって役に立つ情報を提供することで個人ブランディングに活かすことも。

今やインスタグラムはさまざまな用途で活用することができます。個人がビジネスでインスタグラムを取り入れることは、決して無意味ではないのです。

上手にインスタグラムを活用し、目的を達成する方法

しかし、商品販売にしろ、実店舗への集客にしろ、ブランディングにしろ、目的を達成するためにはアカウントのクオリティーを上げることが前提となります。アカウントが魅力的なものかどうかでユーザーの反応が変わるからです。

たとえば、完成度が低く何の魅力もないアカウントに対して、ユーザーは好印象を持つでしょうか。そんなことはないはずです。むしろ違和感を覚え、ネガティブな感情を抱いてしまうでしょう。

ユーザーをそのような気持ちにさせて目的を達成することはできません。よって、仕事でインスタグラムを取り入れるときは、完成度が高いアカウントをつくり、ユーザーから魅力的だと感じてもらう必要があります。

では、どうしたらユーザーに魅力的だと思ってもらえるアカウントにできるのでしょうか。ポイントを3つご紹介します。

プロフィール文を工夫する

まず取り組みたいのがプロフィール文の工夫です。プロフィール文はユーザーが最初に目にする部分。ここで自己紹介のようなメッセージを記載することで、ユーザーにあなた自身のことを知ってもらうことができます。

プロフィールでは、あなたがどのような人なのか何をしている人なのか、簡潔にまとめるようにしましょう。

ただし、プロフィール文については注意点もあります。それは表現の方法です。個人でビジネスをしていると、ついセールス的な文章になりがちです。

たとえば、「新しいライススタイルのあり方を知りたい人はDMください!」「〇〇のコンサルをしています!」など。

すでに関係性が築けているユーザーに対してであれば、こうした表現でもいいでしょう。しかし初めてあなたのアカウントを見たユーザーに対してはやや強い表現です。

「いきなりセールスされても・・・」というイメージを与えかねません。初見でネガティブな印象を持たれてしまうと、その後のセールスにつなげることが難しくなります。プロフィール文の表現方法には特に配慮するようにしましょう。

プロフィール全体のつくり方については以下の記事でご紹介しています。あわせてご覧ください。

プロフィール文 インスタグラムで良いプロフィールをつくりたい!文章づくりのコツから写真設定まで

ペルソナ向けの情報発信を意識する

インスタグラム運用では、設定したペルソナ向けの情報を発信することが重要になります。

そうすることで、狙っているユーザー層からのフォローを獲得しやすくなるからです。最終的に商品販売や集客といったゴールも達成しやすくなるでしょう。

一方、ペルソナと無関係な情報を発信すると、そうした人たち以外のユーザーからフォローされることが多くなります。

単純にフォロワーが多いだけのアカウントになってしまうので、うまく商品販売や集客につなげられない可能性が高くなるのです。

商品販売や集客を成功させるためには、その商品やサービスへの関心が強い、もしくは関心を寄せてくれるユーザーを集めることが重要です。

インスタグラムで発信する情報は、なるべく狙ったユーザー層に関心を寄せてもらえる内容にしましょう。

ペルソナ インスタグラム運用の一歩目はペルソナ設定!どうやって決めればいい?

写真は“映え”を忘れない

インスタグラムはビジュアルが重視されるSNSです。見栄えでユーザーの注意を引かなければ、ユーザーから魅力に感じてもらえることはありません。よって、投稿する写真は“映え”を意識したものにしましょう。

ただし、ここでいう“映え”とは、人気のスポットの写真を投稿する、というようなものではありません。写真にコントラストをつけたり、文字入れ加工を施したりし、パッと見で注目される写真に仕上げることを指します。つまり、写真の質を高めることを意味します。

ペルソナ向けの情報を発信していくと同時に、ユーザーの注目を引くような写真を投稿していくことも忘れないようにしましょう。

まとめ

かつては単なるコミュニケーションツールであったインスタグラム。今では個人がビジネスで活用できるSNSへと変貌しています。

これからインスタグラムを仕事で活用しようとしている人は、ぜひ今回お話ししてきたことを参考にしながら、アカウントの運用に取り組んでみてください。